どうして便秘になるの?便秘の原因を紹介します

現代人の多くが悩みを抱えている病気の一つに便秘があります。その人口は500万人と言われ、女性の2人に1人が便秘だと言われています。では、健康な人がどうして便秘になるのでしょうか?

不規則な生活習慣や食生活

食事や生活のリズムが不規則になることによって、便が長い時間腸内にとどまり、水分が少なくなることによって、便が固くなってしまいます。また、便意を催したときにトイレに行くのを我慢してしまうと、しだいに便意を感じる能力が低下してしまうのも便秘になりやすい体質へとなる恐れがあります。

運動不足

運動不足が考えられます。運動不足は血行不良や筋力の低下を招いてしまいます。その結果、腸の蠕動運動が健康な人よりも弱くなってしまい、直腸の働きも低下させてしまいます。そうなってしまうと便を押し出す能力も低下してしまうので、規則正しい排便が困難になる可能性もあります。

ストレス

ストレスを感じやすい性格の人は便秘になりやすい傾向があります。ストレスと腸の働きには密接な関係がありますので、いかにストレスを溜め込まないように生活するかがポイントとなってきます。

妊娠

妊娠するとホルモンの影響や、胎児による腸の圧迫、運動不足などのさまざまな要因が重なって便秘になる人が多く見られます。また、妊娠中は便秘薬を服用できないので、普段から常用している人にとっては便秘になる可能性がきわめて高いと言えます。