妊娠初期、後期になりやすい便秘

妊娠中は、妊娠初期でも、妊娠後期でも便秘に悩まされる女性は多いものです。その理由ははっきりしていて、妊娠初期には、つわりで食事の量が減って便秘になってしまいます。また、妊娠初期では、黄体ホルモンが盛んに分泌しています。このホルモンは、流産をしないように活発に働くのですが、同時に腸の動きも抑制するので、これによって、今まで便秘症でなかった人も便秘になりやすくなります。

一方、妊娠後期になると赤ちゃんが大きくなって、腸が圧迫されてしまい、腸の動きが悪くなってしまいます。また、お腹の重みで腰痛を起こす人もいて、そうなると動きも制限され、どうしても運動不足になってしまいます。運動不足が続くと腸の蠕動運動も鈍くなり、腹筋が弱くなっているので、いきみにくくなります。

便秘を予防するためには、便を硬くしないようにする必要がありますが、妊娠中は赤ちゃんに栄養だけでなく、かなりの水分を送ることになるので、どうしても便の水分が失われやすくなってしまいます。便秘によって、便の水分が吸収され硬い便となって、なお排出されなくなります。

このような時に無理をして強くいきむと肛門が切れてしまったり、うっ血してしまったりして、切れ痔やイボ痔になります。妊娠中に痔になる人が多いのもこのような理由からです。それに妊娠中は、便秘になっても、安易に市販の便秘薬が使えないことも便秘を悪化させてしまう要因になっています。便秘薬は子宮を収縮させ、早産や流産を起こすリスクがあるからです。どうしても苦しい場合は産婦人科の先生に相談してみましょう。