ストレスと便秘には密接な関係があります

一般的に、ストレスを強く感じやすい人ほど、腸の不調を抱えやすいといわれています。腸の働きを司っているのは自律神経です。この神経はストレスによって非常に乱れやすいという特徴があります。ですから、ストレスと腸の働きには密接な関係があり、感情と腸の働きは連動しています。

ストレスは定義するのは非常に難しく、同じような経験をしても、それを深刻なことと受け止めるか、軽く受け流すかは、人によってずいぶんと違ってきます。まじめな性格であればある程、問題に対峙し、ストレスを強く感じる場合もあります。自分がストレスに弱いと感じる人にとっては、ストレス対策は健康な腸を保つために特に大きな意味合いを持っています。

ストレスの受け止め方は性格によってもかなり違います。今さら性格は変えられなくても、暮らし方や考え方をちょっとだけ変えてみるという方法もあります。疲労がたまっていたり、不規則な生活をしていると自律神経の働きが乱れてきます。

気になることがあって、寝付けなくなったり、眠りが浅くなったり、朝早く目が覚めてしまう、眠っても疲れが取れない、などが続くと「今日も眠れないんじゃないか」と不安になり、寝ること自体がストレスになっていることがあります。あまりにも続くようなら、医師に相談してみましょう。眠りを改善する薬を処方してくれます。