大腸・直腸がんは便秘が原因で発症する確率が高い病気です

日本でも大腸がんや直腸がんにかかる人が年々増えています。大腸・直腸がんにかかるのは男女とも同じ割合だそうです。大腸・直腸がんが増えている原因のひとつに、食生活の欧米化が上げられています。かつて、日本の死亡原因のトップは脳卒中でした。

これは、塩分の高い食事が中心だったためです。

しかし、それがいつの間にか大腸・直腸がんで死亡する人が上回ってしまいました。日本食の中心だった食物繊維が多い穀類や豆類の摂取量が減り、動物性たんぱく質や脂質の摂取量が増えたためです。食物繊維の不足、たんぱく質や脂質のとり過ぎは、腸内環境を悪くします。腸内の悪玉菌が増え、発がん物質を作ってしまうと考えられています。

がんは、直腸、結腸、盲腸といろいろな部位に発生しますが、最も多くみられるのは直腸、S字結腸の部分です。発生したがんがだんだん大きくなってくると、それが腸管を狭くして、便の通りを妨げ、便秘を起こしたり、逆に、便を通過させるために粘液が過剰に分泌されることで、下痢を起こすこともあります。慢性的な便秘のほかに、下痢をしたり、便や血液や粘液が混じっている時には、すぐに病院で詳しい検査を受けるようにしましょう。

早期に発見するためには、自覚症状がなくても定期的に便の検査を受けるのが安心です。早期の大腸がんでは、多くの場合、開腹手術をしないで、内視鏡を使って治療することができ、完治する確率も格段と高くなっています。