巨大結腸症(きょだいけっちょうしょう)は蠕動運動ができなくなってしまう病気

腸は、食べたものやそれを消化するための消化液、消化しきった残りカスの便を排出させるため、肛門に向かって蠕動運動をしています。この蠕動運動は、脳の神経からの指令と、腸壁にある神経によってバランスよく調節されていて、スムーズに押し出せるようになっています。

巨大結腸症とは、この腸の壁にある神経が機能せず、腸の蠕動運動がうまくいかなくなってしまうため、途中しぼんだままになり、出口付近である結腸が大きくなってしまう病気です。先天性と後天性に分けられます。先天性の巨大結腸症は「ヒルシュスプルング病」と呼ばれ、新生児期に発症します。胎便が出ずに、お腹が張って、おっぱいを吸う力も弱くなってしまいます。

後天性の巨大結腸症は、症状は軽度ですが、頑固な便秘やお腹の張りがあります。この病気は乳幼児の時に見つかりますが、巨大結腸症に気がついたら、小児科を受診することになります。直腸や結腸大腸が異常に拡張し、その動きが鈍くなって便秘になります。大人になって、お腹の手術後の癒着や便やガスの通過障害が原因でなる場合もあります。

このほかにも慢性の頑固な便秘が長年続いている人にも見られます。巨大結腸症の治療は、その原因によって、下剤を処方してもらうだけで治る場合もありますし、手術が必要になる場合もあります。