子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)は大きくなると腸が圧迫されて便秘の原因になります

子宮筋腫は女性特有の病気で、最近では若年傾向があるといわれています。子宮筋腫の約8割は35歳から50歳代の女性でしたが、20歳代からすでに子宮筋腫が広がっています。

これは、食生活の欧米化や生活環境に関係があるといわれています。女性にとって特に珍しい病気とはいえませんが、子宮筋腫が大きくなると、直腸を圧迫して便秘を引き起こすことになります。子宮筋腫は子宮にできる良性の腫瘍です。

子宮筋腫が発症する原因については、いまだに不明な点も多いのですが、卵巣から分泌される女性ホルモンのエストロゲンが、筋腫の成長に深く関与しているといわれています。子宮筋腫が子宮がんになる心配は無いので、つい放置してしまいがちですが、きわめて小さなものから、放置できないような大きなものまでさまざまです。子宮筋腫は成長するので、知らないうちに大きくなっていることもあります。

大きくなると、月経過多、月経痛、貧血、腰痛、そして頑固な便秘などを引き起こします。成長した子宮筋腫が骨盤内にある直腸を圧迫することで、直腸が狭くなったり、ねじれたり、塞がれたりします。そうなると「器質性便秘」と呼ばれる頑固な便秘になります。

この場合は手術で子宮筋腫を取ってしまうことが手っ取り早いのですが、身体に傷をつけたくないなどの理由で、薬やホルモン治療で小さくしていく場合は、同時に便秘の症状も改善していかなくてはなりません。便を軟らかくして、できるだけ便通を良くすることが大切です。