赤ちゃんは、便秘になりやすいので注意が必要

赤ちゃんの画像赤ちゃんの場合は生後8カ月ごろまでの排便は、反射的に行われるので、便秘に悩まされるということはあまりありません。しかし、ミルク不足だったり、糖質の不足だったりして便秘になることもあります。また離乳食が始まると、赤ちゃんの便も変わってきます。始めは離乳食に慣れる時期は、消化器官が未熟であり、腸の機能も未発達なので、便秘になったりすることが多くなります。

しかし、だんだん身体が対応してきて便秘も解消されてきます。離乳食を食べるようになると、ミルクを飲んでいた時期とは違って、体内に便を貯めることができるようになるので、排便回数はぐんと減ります。それを便秘と勘違いしないようにしましょう。

赤ちゃんが便秘にならない工夫

母乳によって育てる場合には、お母さんの食べるものがそのまま赤ちゃんの栄養になると考え、食物繊維が多く含まれた野菜や豆類を多く摂るようにしましょう。また、ミルクで育てる場合は、赤ちゃんの胃腸はまだ発達段階なので、刺激の少ない人肌の温かさでミルクを飲ませるようにしましょう。

赤ちゃんが便秘で苦しんでいたら

赤ちゃんの場合は、まだ腸内環境が整えられていないため、便秘になることもあります。それに、筋力もまだ未熟なため、少しでも便が硬くなってしまうといきんでも排便できないことがあります。便が出なくても機嫌がいい時には、問題ありませんが、突然理由もなく泣きだしたり、機嫌が悪い時など、便秘でお腹が痛かったりしているのかもしれません。便秘で苦しんでいるような時には、水分をしっかりと与えて、お腹のマッサージをしてあげましょう。綿棒を使って、肛門を刺激してあげると楽に排便できることがあります。