便秘の種類一覧

通常、便秘と呼ばれる症状には大きく分けて3種類あります。

慢性便秘

常習性便秘

慢性便秘の中で、疾患が原因でないものが常習性便秘です。常習性便秘にはその原因によって3種類の便秘症状に分かれます。

弛緩性便秘(結腸性便秘) (しかんせいべんぴ・けっちょうせいべんぴ)

比較的若い女性の多くが悩まされているのが腸の緊張がゆるむことで起こる弛緩性便秘です。症状としては、常にお腹が張っていると感じたり、排便しても残便感が残るような状態をいいます。弛緩性便秘の主な原因は運動不足です。腹筋が衰えることで、腸内の筋力も低下し便をうまく排出できなくなるのです。若い女性を始め、筋力のない虚弱体質の方や、筋肉量の少ない高齢者にもよく見られる症状です。

痙攣性便秘 (けいれんせいべんぴ)

現代人の悩みとも言われるストレスや睡眠不足など、自律神経のバランスの乱れによって発症するのが痙攣性便秘です。症状としては、便意を感じながらもスムーズに排便することができなかったり、腸がくびれるため、ウサギの糞のようにコロコロ状の便が少量しか出ないとか、便秘と下痢を繰り返す状態が続くことが挙げられます。脳の指令により働くのが腸ですが、精神的ストレスなどが要因となり腸が正常に作動しなくなることが痙攣性便秘の原因として考えられます。ストレスなどが理由で、自律神経が乱れ、蠕動運動が逆に強くなりすぎて便秘になることです。

直腸性便秘 (ちょくちょうせいべんぴ)

トイレに行きたいのに、仕事の都合や朝忙しかったりして便意があってもすぐに排便できずに我慢する状態が続くことにより、肛門のすぐ上の直腸にフタをしたように便が溜まり水分が吸収され硬くなり排便できなくなるのが直腸性便秘です。繰り返すと、便意を感じなくなってしまいます。症状としては、数日間便が出なかったり、便の水分が不足し硬くなり更に出にくくなることが挙げられます。また、硬い便が出る度に肛門が傷付くことで痔を伴いやすくなります。

急性便秘

一過性単純性便秘(いっかせいたんじゅんせいべんぴ)

環境が変わることで起こる、一時的な便秘です。
解消のための対策をしないで放っておくと、慢性化する可能性があります。

症候性

症候性便秘

なんらかの疾患が原因となり便秘になってしまうケースです。
元になっている疾患を直さなければ便秘の解消は困難であると考えられます。