オリゴ糖は腸内環境を整えるのに不可欠な栄養素のひとつ

オリゴ糖は、ブドウ糖や果糖など単糖が2つ以上、数個結合してできた糖類の総称です。「オリゴ」というのはギリシア語で「少ない」という意味です。ひとつではなく何万という単位で結合しているでんぷんなどの多糖類でもない、少ない糖の結合体がオリゴ糖です。

オリゴ糖の中には、人間の消化酵素では消化されないものがあります。消化されないまま大腸に入り、腸内の善玉菌であるビフィズス菌のエサとなります。その結果、善玉菌が増えて腸がきれいになります。それが特定保健用食品し使用されているオリゴ糖の効能です。

腸内に乳酸に菌やビフィズス菌が増えると、腸内環境を健康に整えて消化吸収や大腸の蠕動運動を促す働きがあります。また、免疫力を付ける働きがあるので、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状にも効果があるといわれています。

体への刺激や負担のない便秘解消法です

腸内に善玉菌が増えて、悪玉菌を抑えてくれるので、大腸がんを抑制するとも言われています。頑固な便秘が続いている場合は、善玉菌が弱まっている可能性があります。善玉菌を増やすためにもオリゴ糖を積極的に摂るようにしましょう。

オリゴ糖には便秘薬のような即効性はありませんが、長く摂取することで、便秘の根本改善につながりますし、体への刺激や負担のない便秘解消法だといえます。オリゴ糖は熱にも変化しないので、食品と一緒に手軽に摂取することができます。ヨーグルトに付いているオリゴ糖はぜひ混ぜて使ってもらいたいところです。オリゴ糖を混ぜてヨーグルトを食べることで、ビフィズス菌の働きが格段と違ってきます。

便秘解消メニュー

運動で便秘を予防・解消
ツボを刺激  腹筋を鍛える

習慣で便秘を予防・解消
トイレに入る習慣  こまめに水分補給  リラックス

栄養で便秘を予防・解消
オリゴ糖  食物繊維  ビタミンE  乳酸菌

便秘解消のサポート
サプリメント  飲料  食事  便秘薬

宿便をとる方法
断食  腸内洗浄  浣腸