トイレに行く習慣は便秘解消に有効

便秘にならないためにも、便意は我慢してはいけません。普通は、直腸まで便が降りてくるセンサーが機能して便意を感じます。しかし、しばらく我慢すると便意は遠のいてしまいます。便意を感じたら、すぐにトイレに入ることが大切です。

また、毎日同じ時間にトイレに行く習慣をつけることで、体が排便のリズムを覚えますので、便秘解消に役立ちます。ただし、長時間いきみ続けるのもよくありませんので、ちょっと座ってみて、便が出ないようなら、いったんトイレから出ましょう。

習慣は効果的。でもいきむのはNG

トイレに行って、本を読む人もけっこういると思います。しかし、これは便意があってトイレに行くわけではなく、習慣的にトイレに入って、便意が来るまで待っているという行動パターンです。便意もないのにトイレに入れば、いきむことになります。

また、長時間便座に座っていれば、イボ痔を誘発しかねません。イボ痔は、排便、出産、重いものを持つなどいきんだときや、長時間座っていたときに、肛門のまわりがうっ血してイボノように膨らんだものができた状態です。始めは肛門の内側にできるのでそれほど痛みはありませんが、硬い便が触れたり肛門の外側へ出た状態になると、強い痛みを伴います。

トイレに入っている時間は3分

そうなると排便自体が恐怖になってしまい、便秘はますます悪化していきます。さらにいきみ過ぎると、直腸瘤になることもありますし、肛門から直腸が出てきてしまうこともあります。このようなことが起こらないように、トイレに入って3分間便が出なかったら、1回切り上げましょう。排便の時にはなるべくいきまないように、便意が来てから、トイレに行ってサッと済ませるのがベストです。

便秘解消メニュー

運動で便秘を予防・解消
ツボを刺激  腹筋を鍛える

習慣で便秘を予防・解消
トイレに入る習慣  こまめに水分補給  リラックス

栄養で便秘を予防・解消
オリゴ糖  食物繊維  ビタミンE  乳酸菌

便秘解消のサポート
サプリメント  飲料  食事  便秘薬

宿便をとる方法
断食  腸内洗浄  浣腸