腸内洗浄は苦しい時の最終手段

腸内洗浄はチューブを使って肛門にぬるま湯を入れ、水圧を利用して排便を促す方法です。ヨーロッパでは数百年前から行われている便秘解消方法で、確かに便は出ますが、習慣にならないように注意する必要があります。習慣化すると、腸内洗浄をしないと排便できない状態に陥ります。腸内洗浄は、便を出しきって腸内環境をリセットして便秘治療がしやすくなります。適度に使う分には、よい治療法にもなります。

しかし、この腸内洗浄を行っている医療機関は少数です。それは、処置に手間がかかる割に保険点数が低く、便秘治療の根本的効果があるわけでもないので、医療機関にとっても患者側にとってもあまりメリットがないためです。腸内洗浄は、必要な道具さえあれば自宅でもできるようになりました。病院で行っているところが少ないために、こうした道具がインターネットなどで手に入るようになったためです。

腸内環境をリセットする効果。でも自己流は危険!

便秘が続いて、お腹が痛かったり、吐き気がしたり重症だなと思った時に腸内洗浄をすると、スッキリしますし、気分も爽快になります。しかし、根本的な便秘の問題は解決されていないので、再び便秘になるのは必至です。そうなるとまた苦しくなるので再び腸内洗浄を行うといった繰り返しになります。

自分の力で排便する力がどんどん衰えていき、最後には腸内洗浄でないと排便ができない身体になってしまいます。腸内洗浄は、便を出すだけでなく、腸内環境に重要な役割を持つ乳酸菌やビフィズス菌も押し出して洗い流してしまいます。腸内洗浄を自宅で行う場合、十分滅菌したつもりでも、その器具の取扱いの過程で細菌などが付いていると、腸から入り込んだ細菌が体内で広がって、とんでもない病気に侵されてしまう危険性もあります。

便秘解消メニュー

運動で便秘を予防・解消
ツボを刺激  腹筋を鍛える

習慣で便秘を予防・解消
トイレに入る習慣  こまめに水分補給  リラックス

栄養で便秘を予防・解消
オリゴ糖  食物繊維  ビタミンE  乳酸菌

便秘解消のサポート
サプリメント  飲料  食事  便秘薬

宿便をとる方法
断食  腸内洗浄  浣腸